玄光庵(寿老尊・じゅろうそん)

寿老尊(じゅろうそん)が祀られるのは、曹洞宗喜福山玄光庵です。

玄光庵
曹洞宗喜福山玄光庵
玄光庵門前
玄光庵門前 二体の像

玄光庵は、現在開創500年を越える曹洞宗の寺院。
大永3年(1523)仙台市新寺・竜泉院の末寺として復興され、
慶長5年(1600)伊達政宗公の仙台城造営に当たり青葉山から現在地に
移転され、曹洞宗寺院として独立に至りました。

開山堂には、本尊の木彫十一面観音を中心に三十三体の観音さまが安置されています。

寿老尊祀る
寿老尊を祀る
寿老尊御本尊
長寿の大徳尊

寿老尊は、南極寿星の精であり、手には経巻或いは桃の杖を持つ二通りの像があります。
鹿が長寿なのは、頭を下げて通るからであり、己を低くするからです。

経巻は永遠不滅の教えであり、桃の実は長寿の実であり、元気を取り戻す力があると言われています。

七福神グッツ
七福神にまつわるグッツもいろいろ
御守りやおみくじ
お守りやおみくじ
タグ : , , , ,

関連記事

  1. 福聚院(布袋尊・ほていそん)
  2. 鉤取寺(福禄寿・ふくろくじゅ)
  3. 林香院(弁才天・べんざいてん)
  4. 毘沙門堂(毘沙門天・びしゃもんてん)
  5. 秀林寺(大黒天・だいこくてん)
  6. 藤崎えびす神社(えびす神)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 玄光庵(寿老尊・じゅろうそん)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fuku.sendai-city.biz/mtos/mt-tb.cgi/24

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

大人気!開運グッツ

 

サイト内検索

相互リンクのご案内