仙台の縁起物・松川だるま

宮城県仙台市の縁起物で、珍しい青いダルマ「松川だるま」があります。

「松川だるま」は古くから仙台庶民に親しまれてきた
縁起ものです。言い伝えによると天保年間(1830~
1844)、伊達藩の藩士松川豊之進が創始したものな
ので、名前をとって「松川だるま」と呼ばれています。

初代の本郷久三郎が松川氏の弟子となり、現在
は九代目となる「本郷けさの」さんが伝統を受け
継いでおるので、「本郷だるま」とも呼ばれています。


顔が青色なのは海の青を表しており、腹部に「宝船」や「松竹梅」といった
縁起物が描かれて、年末年始やお祝いの席などを親しまれています。


松川ダルマは初めから両目に目が入っているのが普通。全国に「変わり
ダルマ」はいろいろとありますが、あまり見かけない特徴です。
(注文があれば、目を入れないでも作ってもらえるようです)


仙台市内では、松川ダルマの飾り方は大きさの違うダルマを8つ並べるのが慣わしとなっています。

タグ : , , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 仙台の縁起物・松川だるま

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fuku.sendai-city.biz/mtos/mt-tb.cgi/30

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

大人気!開運グッツ

 

サイト内検索

相互リンクのご案内