七福神の由来:カテゴリー

七福神の由来

コメント(0)  | トラックバック(0)  | 七福神とは?七福神の由来

≪起源・由来≫
現在では、おめでたい存在、財宝の神としてとして全国で信仰されている
七福神。

古代の日本では、海からやって来る神が人の世に幸せをもたらすとされ、
海辺の漁民や農民の生活に息づいていました。


七福神の起源や由来については諸説があるようで、現在の顔ぶれに
なったのがいつ、誰によってかは不明です。

七福神の歴史は、一般的には室町時代の民間信仰として始まったとする
説が有力ですが、 古くは平安時代の「今昔物語」に毘沙門天が福徳の
神として登場するなどさまざま。


一説によると、室町時代になると、京洛など都市や商業の発展に伴って
町人文化が発展し、生活の中で利益・蓄財といった商売繁盛や開運を
求める意識が芽生え始めて、「福徳」「福神」という信仰が広まったのだ
と思われます。

初めは、恵比須神と大黒天が「えべっさん」、「大黒さん」と親しみを持っ
た呼び方で、町衆の間で広まりました。


書院や茶室の床掛けとして人気のあった「竹林の七賢人」になぞらえた
という説や、仁王般若経の「七難即滅、七福即生」の影響などで福神を
七人にしようと、二神(えびす神、大黒天)から七神へに次々と神様を追
加していったといわれています。


全国的に広まったのは、上野寛永寺の住職天海僧正の進言に従い、
徳川家康が祭祀してからといわれるが、こちらも定かでなないようです。

また、七福神の構成についても必ずしも一定していません。
現在の顔ぶれたになったのは、江戸時代にからというのが通説ですが、 
江戸初期には福禄壽と寿老尊が同一神(同体異名)とされ、吉祥天
もしくは猩々が加えられていたこともあったんだとか。


その他の説によれば、そもそもの七福神のルーツは中国の八仙(八福神)と呼ばれるものだとういう。
八福神は、全てが実在の人物(仙人)であったので八仙といわれ、各地でその姿を描いた絵が信仰の対象になっている。
その絵が日本の七福神に似ているというのが八仙起源説だそうですが、
七福神は三人から徐々に増えたという説から否定的見解もある。


中国の八仙イラスト八仙絵図、船尾から右回りで何仙姑、韓湘子、藍采和、李鉄拐、呂洞賓、
鐘離権、曹国舅、船外に張果老
 
(引用:WIkipediaより)












(諸説については、「奥州仙台七福神霊場会」の資料等を参考にさせて
いただきました。)


Page: 1

RSS2.0

大人気!開運グッツ

 

サイト内検索

相互リンクのご案内