七福神の神様たち:カテゴリー

七福神の神様たち

コメント(0)  | トラックバック(0)  | 七福神とは?七福神の神様たち

えびす神



神様 御利益 出身国
えびす神
えびす神
商売繁盛・除災招福
日本
「えびす」の由来は、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)であるとか、大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬし かみ)とされています。

神話によると、蛭子命は3歳になっても足が立たなかったため流し捨てら
れ、どこかの地に漂着したという信仰が生まれ、その海からやってくる姿
が海の神であるえびすの姿と一致したため、2つの神は同じ神だとされる
ようになった。

漂着した地の伝承の代表が兵庫県西宮市の浜で、そこにえびす神社の
総本社である西宮神社がある。


大黒天

神様 御利益 出身国
大黒天
大黒天
五穀豊穣・商売繁盛
子孫繁栄・家内安全
インド
大黒天は、ヒンドゥー教のシヴァ神の 化身であるマハーカーラといわれる戦闘の神である。   インドから中国を経て日本へ伝来した際に、大国主命(おおくにぬしの みこと)と習合してできた神道の神で、大地を掌握する農業神(田の神) として広く民間に信仰された。   五穀豊穣、商売繁盛、子孫繁栄、家内安全のほか、福徳開運、財産授与 などさまざまなご利益が与えられ、七福神の中でもなじみ深い神様です。
毘沙門天

神様 御利益 出身国
毘沙門天
毘沙門天
厄除開運・大願成就
インド
毘沙門天(びしゃもんてん)とは、仏教における四天王の一尊。 別名多聞天というインドの神様である。 

忿怒の相を示し甲冑をつけ右手に宝棒をもち、左手に宝塔を捧げる武神
である。

威光・威勢の神とされ、災難や病患を除き、福智や富貴を授けるものと
信じられています。大願成就を果たし、近年は子育ての神としても信仰を
集めています。


弁才(財)天



神様 御利益 出身国
弁才天
(弁財天)
弁才天
学業成就・恋愛成就
インド
弁才天は、七福神の中では唯一の 女神。元はインドのヒンドゥー教の女神であり、サラスヴァティーという 河(水)神なので、水辺に多く祀られている。 

本来「弁才天」だが、日本へ伝来後「才」が「財」の音に通じることから
福徳・財宝賦与の神としての「弁財天」と呼ばれる場合も多い。

学問・芸術・音楽の守護神としても信仰が深く、知恵・財物の神としても
知られる。

「弁天」とも言われ、弁才天(弁財天)を本尊とする堂宇は、弁天堂、
弁天社などと称されることが多い。


福禄壽



神様 御利益 出身国
福禄壽
福禄寿
商売繁盛・人徳の神
中国
福禄寿の名前の由来は、福(幸福)禄(俸禄)寿(長寿)であり、この三徳を 具現化したものとされる。

宋時代の中国では、道教の天南星の化身や、南極星の化身(南極老人)
とされ、同じ南極星の化身とされる、寿老人と異名同神との説もある。
福禄人(ふくろくじん)とも言われる。

福禄壽の姿は短身長頭でひげが長く、右手には法杖を左手には経巻を
持ち、白鶴を従え、団扇を持つことがある。 

人望・人徳の神として名高く、商売繁盛、延寿健康、除災を祈願する人が
多い。


寿老人



神様 御利益 出身国
寿老人
寿老人
不老長寿・無病息災
中国
寿老人(じゅろうじん)は、中国宋代の仙人である寿星の化身と される。

福禄寿と同じ南極老人星(カノープス)の化身でもあり同一神と考えられ
ていることから、七福神から(猩猩が入る)はずれたこともあった。

酒を好み頭が長く、長頭の白髪・白髭で赤い顔をして、長寿と自然との
調和のシンボルである玄鹿を引き連れている。不死の霊薬を含んでいる
瓢箪を運び、不老長寿の桃を手に持つことから長寿の象徴とされる。


布袋尊



神様 御利益 出身国
布袋尊
布袋尊
福運大願・財宝賦与
中国
布袋尊は、実在した唐末中国の禅僧で、七福神の中では唯一実在の 人物。弥勒菩薩の化身といわれ、日本に伝来してからは、福徳円満の相が 喜ばれ、大きな腹、福々しい容姿・容貌から福徳円満の神として信仰が 厚い。

袋の中の財宝で人々を救済し、福運大願を成就させると信じられている。
水墨画の好画題とされ、大きな袋を背負った太鼓腹の僧侶の姿で描か
れる。



Page: 1

RSS2.0

大人気!開運グッツ

 

サイト内検索

相互リンクのご案内